にきびの種類


にきびには次のような種類があります。

 

白にきび
白にきびは閉鎖面皰(へいさめんぽう)ともいわれています。白にきびも黒にきび同様に初期段階のにきびです。白にきびは皮脂が毛穴につまって盛りあがりその表面の頭の部分が白く見えるものです。白にきびはまだ炎症が起こっていない段階のにきびです。

 

黒にきび
黒にきびは開放面皰(かいほうめんぽう)ともいわれています。黒にきびは初期段階のにきびで、皮脂が毛穴につまり毛穴を押し広げて、皮脂が空気に触れて酸化することで発生します。黒にきびといわれる理由は酸化した皮脂が黒く見えるためです。

 

赤にきび
赤にきびは白にきびの症状が悪化したものです。赤にきびは皮脂の増加により肌の常在菌であるアクネ桿菌が増殖し皮脂を分解するときに発生する刺激性物質によって炎症を起こし、毛穴が赤くはれた状態のにきびのことをいいます。赤にきびは強い紫外線によって皮脂が酸化し炎症を起こすことで発生する場合もあるといわれています。

 

黄にきび
黄にきびは赤にきびが悪化し、化膿して膿をもったにきびのことです。赤にきびが悪化し炎症がひどくなると毛穴に膿が溜まり膨れ上がります。そしてさらに症状が悪化すると毛穴の周りの組織が壊され、真皮組織が傷つけられてしまいます。真皮組織が傷つけられてしまうと、肌がデコボコになりにきび跡として嫌われるクレーターができる結果となってしまいます。

 

にきびは悪化すると肌の表面がデコボコとクレーターができてしまったり、色素沈着を引き起こしたりします。クレーターや色素沈着はできてしまうと完全に治すことは難しいです。にきび予防をしっかりし、にきびができてしまった場合は皮膚を清潔にし、早めに治すようにしましょう。

 

 

 

このページの先頭へ戻る