思春期ににきびが出てくる原因

 

誰でも経験があると思うのですが、にきびになるのはだいたい思春期以降となります。中学生ぐらいになると、急ににきびが出てきたりしますよね。にきびは男性、女性問わず見られる症状です。

 

思春期ににきびが出てくる原因としては、男女問わず、男性ホルモンが増加することにあります。男性ホルモンは想像がつくと思いますが、皮脂の分泌を活発化させる働きがあります。このため過剰な皮脂の発生がにきびの原因となります。中学生ころににきびが増加してくるのは、ある意味しょうがないことかもしれません。

 

にきびは毛穴に皮脂がたまることによって起こります。思春期以降になると皮脂腺が発達しますので、皮脂の分泌がどんどん活発になっていきます。しかしまだ毛穴の発達は不十分なため、皮脂を外部に排出することができません。にきびは皮脂量の増加に毛穴の発達が追いつかないことによって起こります。

 

にきび対策は毛穴の汚れを改善することが大切だといいましたが、皮脂が毛穴にたまってしまうのには、さまざまな要因があることが分かりました。誰しもにきびになる可能性があることは、きちんと認識しておいたほうがいいでしょう。

 

 

このページの先頭へ戻る