思春期ニキビと大人ニキビの違い

 

思春期ニキビは10代の思春期にでき、主な原因は成長期における皮脂分泌の過剰です。この頃は体を作るために多くの成長ホルモンが分泌されますが、この成長ホルモンには皮脂腺を刺激して皮脂を過剰に分泌させる働きがあります。その結果、毛穴が詰まりやすくなってアクネ菌が増殖してしまいます。思春期ニキビは、ホルモンバランスが整う20代ごろには自然と治まります。

 

それに対し、大人ニキビは思春期を過ぎた大人にできるものです。原因は多岐にわたり、複数の要因が絡み合っていることも少なくありません。主な原因として考えられるのは、不規則な生活習慣、乱れた食事バランス、睡眠不足、喫煙、ホルモンバランスの乱れ等です。

 

また、人によっては化粧品をかえたら急に大人ニキビに悩まされるようになることもあります。その場合は、化粧品が肌に合っていない可能性が高いので、肌に合った負担の少ないものにかえるべきです。

 

不規則な生活やストレスによって、肌のターンオーバーは乱れます。ターンオーバーが乱れると、通常は約28日周期で新しい細胞と古い細胞が入れ替わる働きがうまくいかなくなり、古い細胞がいつまでも残った状態になります。ターンオーバーの乱れは大人ニキビと密接な関係があると言われており、正常化することが改善への近道であると考えられています。

 

大人ニキビを改善したい時には、生活全般を一度見直してみることが大切です。そして、食事バランスに気をつけて、健康的な生活を送るように努力することが大切です。大人ニキビにも段階があり、白ニキビや黒ニキビはまだ対処が難しくありません。しかし、赤ニキビになってしまったら、抗酸化作用のある化粧品を利用して、早めにケアを行わなければなりません。

このページの先頭へ戻る