肌荒れにならないお手入れ方法

 

人間の皮膚は24時間新陳代謝を続けています。そのため紫外線に当たらないようにしていても角質や皮脂などがたまります。またほこりや化粧などが付いていると、汚れが毛穴を塞いでしまい、にきびなどの原因となることがあります。必ず1日の汚れはその日のうちに洗い流しておきましょう。

 

肌荒れの原因となる汚れを落とすには、やはり自分にあった洗顔料などを利用するようにしましょう。例えば乾燥肌の人と、それ以外の人とでは適している石鹸は異なってきます。ただし薬用石鹸は皮膚に必要な菌まで殺してしまうことがありますのでお勧めはできません。

 

肌荒れの原因となる汚れは、石鹸だけ気をつけてもきちんとは落ちません。洗い方が問題となります。洗顔をするときはゴシゴシと洗うのではなく、やさしく洗うことが大切です。それから洗顔後は石鹸を必ずよく落とすようにしましょう。

 

また、肌荒れの原因となるものでは乾燥もあげられます。肌が若々しく見える人は、肌が非常にみずみずしく見えるものです。肌のお手入れとしては乾燥を防ぐことも大切なこととなります。

 

肌がみずみずしいということは、見た目が若々しいばかりではなく、角質層のバリア機能がきちんとしており、皮膚をきちんとガードしているということになります。皮膚の乾燥の原因としては、エアコンの当たりすぎや、身体をこすりすぎなどが当てはまります。それから硫黄系の入浴剤も、肌を乾燥させるといわれています。

 

肌荒れの原因となる乾燥を防ぐためには、入浴後や洗顔後には乳液や保湿クリームなどで失われた水分を補うことが大切です。自分にあった乳液やクリームを見つけて、乾燥を防ぐ習慣をつけるようにしましょう。

 

そして、肌荒れの原因の一番手はやはり紫外線です。紫外線による光老化を防ぐためには、紫外線から身を守ることが一番です。そして紫外線を遮るためには、服などで防御する方法か、日焼け止めクリームなどで防御する方法があります。

 

紫外線による肌老化から身を守るためには服装には十分に気をつけましょう。なるえく長袖の服を着て、首筋の日焼けを防げるようにつばの広い帽子などを被るようにしましょう。首筋などにはスカーフなども効果的です。

 

肌荒れの原因となる紫外線を防ぐには、日焼け止めクリームを使用するのも効果的です。日焼け止めクリームはさまざまな数値のものがありますので、お店の人にいろいろとアドバイスをもらって購入するようにしましょう。日焼け止めクリームの中には紫外線吸収剤などのかぶれの原因となるものも使われていたりしますので、使用前には手の甲につけるなどして確認することが大切です。

 

 

 

このページの先頭へ戻る